材質で選ぶ実印

いい素材でいい印鑑を! - 実印の価格帯

実印の価格帯

実印を作成する際に、価格帯などが色々とあって迷っているという方もいらっしゃるでしょう。
では、どのような違いがあるのでしょうか。

先ずは彫り方です。
手彫りと機械彫りとで価格帯は多少変ってきます。
実印を作成するにしても、機械彫りというものも数多くあるのです。
安全面などを考慮して、手彫りをチョイスする方が多いようですが、こちらに関しては自分自身が納得することが出来れば良いでしょう。

そして材質。
木を素材としたものから、角を素材としたもの・石素材のものと様々な種類のものが存在しています。
当然、材質がよくなるほどに価格帯も高くなっていきます。

サイズ。
8mmのものと16mmのものを比べるとやはり大きいほうが若干お値段が張るかと思います。

安いほうが良いという方もいらっしゃるとは思いますが、実印というものはそう買い換えるものでもありませんし、重要な場面において使用をすることも多いと思いますので、良いものを1本用意しておくという事もオススメです。
実際にそのような方が多いようですよ。

材質などは好みがあると思いますが、水牛角などを使用するケースも多いようです。

字体も選べますので、ぜひとも自分自身が納得できるものを作成しておきましょう。
各店舗においてもインターネットなどでも作成することが出来ます。

更新情報

[2014-07-14]
実印の価格帯を新規投稿しました。
[2014-07-14]
サイトマップを新規投稿しました。
ページ上に戻る